経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから

お知らせ

住民税の特別徴収について

先月、各市町村より個人住民税の特別徴収の資料が届きました。

事業主は、全ての従業員の給与から住民税を特別徴収して納める義務があります。

今年に入って退職された従業員の資料が入っていることもあります。その時は、「異動届」をすみやかに提出しておきましょう。すると、事業主は退職者の住民税を控除した税額を納めるようになります。退職者には、各市町村より納付書が届き、自身で納める形になります。

また、2年目の社員は、初めて特別徴収されるので手取りが減少して驚かれると思いますので、一言説明しておくといいかもしれません。

源泉所得税の納期の特例について

源泉所得税は、給与や報酬から所得税を差し引いた日の翌月10日が納付期限となります。

しかし、給与支給人員が常に10人未満の源泉徴収義務者は、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を所轄の税務署長に提出すると、所得税の納付を年2回(7月10日、1月21日)にまとめて納付することが出来ます。

既に納期の特例が認められている事業主は、6月に預かった所得税を集計し、7月10日までに納める準備をしておきましょう。

マイナンバーの記載

雇用保険の届出にマイナンバーの記載が必要になりました。

取得時には、本人確認を行っておきましょう。

自然災害などによるデータ消失リスクへの備え

TKCシステムをご利用の方は、自然災害などでパソコン内のデータと共にUSBメモリ等にバックアップしたデータも消失してしまうリスクに備えてTKCデータセンター(TISC)に定期的にバックアップするサービスを契約することで対応できます。
詳しくは、担当者にご相談ください。

マイナンバー制度への対応・準備

マイナンバー制度への対応・準備は、順調ですか?
TKC給与計算システムは、マイナンバー制度にしっかり対応します。
詳しくは、担当者までお問い合わせください。

ウィルス対策ソフトに偽装する新種のスパイウェアにご注意ください

ウィルス対策ソフトになりすましてクレジットカード情報を不正に取得するスパイウェアが出回っているようです。
パソコンのセキュリティ環境は常に最新の状況にしておくよう心がけましょう。

TKCで購入・セットアップのパソコンには万が一のウィルス感染時にも対応できるサービスがあります。これからの入れ替えを考えられている場合にはご検討ください

              ※資料提供 (株)TKC 平成25年5月15日現在